NOV

24

Wed

Author:EMINARCISSUS

被拍砖3次,接着砸!

中一年の時、アメリカに行き前のごろ、ちょくちょく先生から聽かれたのは、あの国は、行動はおもおうようになんでもできる、禁止というもんはいない。

だが、一ヶ月しかいない、電話で、「その国には何でも勝手にやられない、どこでも法律、法律ばかりで、もういやだ」って、友たちに伝えちゃった。ただしそのように、アメリカは法律範囲以外のことは、勝手にすることができる。だが、その範囲は、州法と憲法次第だ。

自由というセリフは所詮夢を叶うためにとある行為規制から逃げ出しの言い訳しかないと思う。社会は、かつかつの利益を守るために、共通標準をつくって、軍隊を雇って、法律という名をつけて運作している。自由というもんは、ある団体が、自分の利益がほかの団体に傷ついた後、自分から反省して、主動的に自分の利益を譲って、もともとの生活権利を傷つけた団体に返するという行為だ。

どの国にしても、自分の時代の局限があり、完全体は理想国しかありはしない、それで、誰か正しいか、誰か過ちかのは、判断の標準がない。その時、どのようなルールをつくって、主のグループが健康的に成長してのは最大の成立標準だ。その時、自由は、前に進み為に必ず犠牲するという需要として、時代を推し進めている。

アメリカといわず、日本といわず、他の利益を損なって主の団体の為の行為があった。いまその国もその重要な時にもあって、他の国から人権問題として引き出して責めて、それは正真正銘の短見しかないと思うけど。ただ、いずれにしても反面の意見のは、進んでいるものに対して重要なものだ、その国本当に怖くて怖くてならないのは、その面だ。

自分が、その国いつかアメリカのように言論の自由を迎えてくるときが願念てやまないだ。いたいどうなるでしょうか、いまのは、さあな~

smiley